G adsense

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

« レヴォーグ カーボンカスタム⑦ | トップページ | ポケモンGOとオリンピックと進撃の巨人と株主優待 »

こんなゴジラを待っていた!庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』(ネタバレあり)

ゴジラと言えば、『ゴジラvsビオランテ』がワタシ的に名作でございますが…

庵野英明監督が『エヴァンゲリオン』をほったらかしてまで(?)製作した『シン・ゴジラ』、公開4日間で観客動員71万人(興行収入10億円)を突破の大ヒット!

Godzilla01

あちこちで大絶賛されています。

ワタシはもう少ししてお客さんが減ってきたころに見に行く予定で、それまでは情報を見ざる聞かざるでシャットアウトしたかったのですが…

公開直前に「ゴジラの中の人は○○さん」と発表されたり(それは別にどうでもよかったけど)、モロバレなツイートが目に入ってしまったため、これ以上は待っていられないと感じ予定より早く見に行きました。

(※ここから先、ネタバレあります)

誰ですか、「シン・ゴジラって、ヤシマ作戦だな」ってツイートしたのは!!

そうなんです、『ヤシマ作戦』なんです。

もっと言うと、『ヤシマ作戦』+『巨人兵東京に現る』です。

Godzilla03

『ゴジラ』+『ヤシマ作戦』+『巨人兵東京に現る』で、面白くないわけがない!

とくに40歳前後のエヴァンゲリオン好きなら、文句なく気に入るはず。

Godzilla02
  (※映画にエヴァ初号機は登場しません)

それ以外の人でも、「こんなゴジラが見たかった!」って内容です。

そもそもゴジラ映画は、何も考えず暴れるゴジラと、それを何とかする人間のドラマなわけですが、今作は人間ドラマの部分が秀逸だったとワタシは評価いたします。(そこでダレる作品が多い)

ゴジラが出現してもいちいち会議しないと何も出来ないお役所の人間が(まるでエヴァに出てくるシーンのごとく)、テンポ良く描かれています。

あらすじもキャストもほとんど知らないで見に行きましたが、ベテラン勢の演技が地味に良かったです。

テレビドラマを見ないのでいまどきの俳優がほとんどわからないため、ラスト近くまで主役が誰かわかりませんでしたけど…

ちなみに石原さとみの役は、外国の方にやってもらったほうが良かったのではとワタシは思います。

Godzilla04 
(右から2番目の人がたぶん主役です)

不満点としては、もっとゴジラに暴れて欲しかったですね。

今の時代ひょっとするとゴジラにさえ規制が掛かるのかもしれませんが、あまりグロいシーンもなし。

クルマは吹っ飛んでも、人は飛びません。

「お母さんが、ゴジラに殺された~」と泣く子供も出てきません。

大活躍の自衛隊も、踏みつぶされたりしません。

ゴジラが震災を想像させる部分もあるので、多少意識してるのかもしれませんが…

ゴジラも最後にやられたと見せかけて、もう一度動いたりしません。

その辺は、庵野英明監督にしてはわりとあっさりした(素直な)物語になっていると言えるかも。

ラストも、もうすこしグッとくるセリフで終わっても…

というわけでぜひとも予告編なども見ずに、真っ白な状態で行くことをおススメします。

ところで、ワタシが見に行ったイオンシネマは、驚くほど音が小さかった!(前はそんなことなかったのに)

ゴジラの咆哮で体が震えるのを期待していたのに残念でした。

お近くに4DとかIMAXの映画館がある方は、絶対そちらで見るべきです。

ちなみに余計なお世話として、中学生以下のお子様は楽しめない内容かもしれません。

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

ゴジラ対エヴァンゲリオン特設サイト

« レヴォーグ カーボンカスタム⑦ | トップページ | ポケモンGOとオリンピックと進撃の巨人と株主優待 »

トラックバック

« レヴォーグ カーボンカスタム⑦ | トップページ | ポケモンGOとオリンピックと進撃の巨人と株主優待 »