G adsense

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

無料ブログはココログ

« ヤマハが「ニャマハ発動機」に!? | トップページ | 締め切り間近!ゆうちょ銀行&かんぽ生命保険 IPO »

新型「プリウス」、やっぱりエグかったw

ももクロがア○な大人たちのせいで、ややこしいことになっていますが…

ももクロ公演、名称変更を申し入れ

東京モーターショーまで間を持たせるためか(?)、トヨタが12月発売予定の新型「プリウス」の詳細を公表しました。

当初違和感ありまくりだったデザインも、すでに公開されている画像や動画を見ると案外普通かなと思いかけていましたが…

昨夜のワールドビジネスサテライトを見て、あらためてエグイなと感じました。

T_prius_01
特にこの画像だと、フロントのウネウネカクカクぶりがよくわかりますw

ちなみに外観デザインは、プリウスの象徴でもあるトライアングルシルエットに、トヨタの新しいもの作りである「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」による低重心パッケージを融合させたものなんだとか。

プロトタイプモデルのボディーサイズは4540×1760×1470mm(全長×全幅×全高。4WD車の全高は1475mm)で、ホイールベースは2700mm。

ノーズ先端を70mm、フード後端を62mm低くした低重心パッケージを採用。

Tprius03

ハイブリッドシステムは従来型の「リダクション機能付THS(Toyota Hybrid System)II」をさらに進化させ、リダクションギヤのプラネタリーギヤを平行軸歯車に変更。モーターを複軸配置する「新複軸構造トランスアクスル」を採用。

これにより従来型ではラゲッジスペースのフロア下に配置していた駆動用バッテリーを後席シート下に移設、重量物を車両中央寄りの低い位置に搭載することで走行性能が高められるほか、ラゲッジスペースのフロアを低くして、ラゲッジスペースの拡大(446Lから502Lに拡大)を達成しています。

このほか、雪道の発進時などにアシストを行って走行安定性を高める「E-Four(電気式4輪駆動方式)」を採用し、プリウスとして初めて4WDモデルをラインアップ。

残るは価格の発表だけです!

« ヤマハが「ニャマハ発動機」に!? | トップページ | 締め切り間近!ゆうちょ銀行&かんぽ生命保険 IPO »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型「プリウス」、やっぱりエグかったw:

« ヤマハが「ニャマハ発動機」に!? | トップページ | 締め切り間近!ゆうちょ銀行&かんぽ生命保険 IPO »