G adsense

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

twitter

無料ブログはココログ

« 復活の呪文 | トップページ | さよならスペイシー100 »

とくしまバイクショウ

そろそろ忘れてしまいそうなので、とくしまバイクショウの話です。

080601_131801_0001 こまかい話はいつものように、まさひどさんのブログにて(笑)

たった2台しか乗れませんでしたが、お目当てのモンスター696の試乗ができました。
(というよりこれに乗るのが一番の目的)

080601_1337012 外観の印象ははっきりいってあまり覚えていません。というのも順番がまわってきてバイクを探しあわててまたがるといった状況だったため、例のカウルや細部をチェックする暇がなかったからです。唯一いやでも目に入るデジタルメーターは、予想に反して見やすいものでした。

さて噂以上に足つきのいいシートにまたがると、驚くほど車体がコンパクトなことに気づきます。250クラスといっても言いすぎではありません。

ハンドルはかなり低めと感じました。以前と比べるとこれでも普通になったらしいのですが、ワタシだとタンクに覆いかぶさるようなポジションになってしまいます。

なんとかという装置のおかげで軽いクラッチを握り、ギアをローに入れる・・・という作業が普通にできます。広島で乗ったビューエルとは大違いです。

080601_123601 走り出してすぐに感じるのはハンドルの軽さです。ハンドルの先にタイヤがついてないように感じるほどの軽さ(ちょっとおおげさ)

短い誌上コースでは80psのLツインのパワーを体感することはできませんでしたが(あまり回してない)、非常に扱いやすく自分でも使いこなせそうなところ(ここが大事)が好印象。

う~ん、やっぱりワタシにはこのくらいのサイズとパワーがちょうどいいような気がします。

さて、今回の試乗会の仕切りの悪さにアトムまさひどさんは少々ご立腹のようでしたが、ワタシはそれなりに楽しめたので次回もぜひ誘ってくださいね。

それではいよいよ・・・。

« 復活の呪文 | トップページ | さよならスペイシー100 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

顔はガングロたまごちゃんはないんですか?
いいバイクに出会えてなによりです。
こうやって、車検もこないうちから、
次のバイクは何がいいんだろうか
妄想するようになったら、
しめたもんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とくしまバイクショウ:

« 復活の呪文 | トップページ | さよならスペイシー100 »